mikipedia

2019年7月からオーストラリアTAFE留学中。留学生活の記録と生活情報発信中!

【オーストラリア】日本への手紙の送り方、日本からの荷物の送り方

f:id:chappapplex:20191117014814j:image

みなさん、こんにちは。Mikiです。

今日はオーストラリアから日本への手紙の送り方、そして日本からの荷物の送り方をまとめていきたいと思います。パースの場合、メルボルン経由で荷物が届くため他の都市に比べて日数がかかるようなので参考になれば嬉しいです。

続きを読む

【パース・TAFE留学】留学生活4ヶ月目のまとめ

f:id:chappapplex:20191110130200p:image
みなさん、こんにちは。Mikiです。

気温が上がる日が多くなるにつれて花粉症の症状が強く出る日もあり眼鏡で過ごす日が多くなったり、いきなりの寒さにヒートテックを出したりと気温の変化についていくのが大変だったこの1ヶ月。

現在TAFE付属の語学学校に通っている私の現状をまとめるシリーズ第4弾をお送りします。

続きを読む

【パース】毎週月曜日に開催中!Inglewood Night Market

f:id:chappapplex:20191110121010j:image
みなさん、こんにちは。Mikiです。

パースも夏が近づいてきて様々なイベントが開催されるようになってきましたが、その中のひとつである毎週月曜日に開催されているイベント「Inglewood Night Market」に行ってきたのでその様子をご紹介します!

続きを読む

【TAFE留学】EAPとIELTSコースの違いと学べること

f:id:chappapplex:20191020131158p:image

皆さん、こんにちは。Mikiです。

来年2月のデザインコースへの入学を控えIELTSを受験したことのない私はダイレクトエントリーをするためTAFE付属の語学学校に通っていますが、以前お伝えした通り今はEAPではなくIELTS対策のクラスを取っています。

そこで今日は進学英語コースであるEAPとIELTS対策コースの違いを紹介したいと思います。

 

 

EAPとIELTSコースの違い

EAPで学ぶこと 〜英語で授業を受けるスキル〜

English for Academic Purposeの略の通りTAFEや大学進学予定者向けの準備コースで英語でのエッセーの書き方やプレゼンテーションのスキルを学び、専門コースの授業についていけるだけの最低限の実力をつけるコースです。

課題ベースで授業が進められるのでしっかり理解をした上でスキルを学べ、グループワークやペアワークも多く取り入れられています。課題に加え5週に1回の評価テストがありA~Cのスコアを取れば終了もしくは上のクラスに進級できます。

IELTSで学ぶこと 〜テスト対策&Tip〜

大学進学や将来的なビザ申請のためのIELTS受験予定者向け対策コースで毎日繰り返し長文を読み、正確に早く読む力をつけたりリスニング対策を行います。ライティングは基本的な書き方はわかっている前提で進められ、ミスをなくしより高度な文章を書く練習がメインです。1日の中でリーディングやったりリスニングやったり早いペースで進みます。

5週に1回のテストの他に毎週金曜日にIELTS形式のテストがあり自らの成長具合を確かめながら進めていきます。

 

IELTSのクラス分けはかなり雑!?

f:id:chappapplex:20191020131209j:image

EAPの場合は3つのクラスに分かれていて、それぞれにIELTSの目安となるスコアが決められていて将来的な進学先で求められるスコアに合わせクリアしなければならないクラスが変わってきます。

IELTSの場合はクラス分けが2つになり、スコア目標ではなく現在の実力で分けられているようですがクラス内で実力も最終目標もかなり大きな差がある印象。

私の場合、TAFEへの進学でIELTS5.5と同等レベルの英語力が必要とされていますが、クラスメイトにはIELTS7.0を本試験で取得しなければならないという生徒が3人もいるのでその差は歴然。問題を解く際のスピードにも差があるので授業のペースについていくのも結構大変です。

 

EAP5は大学進学者向け?

EAP4では半分以上の生徒がTAFE進学を目標としていて、アカデミックな内容を学ぶのは今回が初めてという生徒がほとんどでした。

EAP5に進学するのかこのままIELTSに残るのか悩んでいるので先生に相談したところ、EAP5ではより大学進学に向けた内容が多くなり、課題もグループディスカッションやAcademic journalを読んでのレポート提出になると教えてくれました。より大学での授業にフォーカスしたスキルを学んでいくようです。

 

実際にどちらの授業も受けてみて、TAFEや大学に進学するにあたり最初の選択肢としてEAPで英語で学ぶスキルを身につけることはとても大事だし新しいことを毎日学べるので楽しいですが、IELTSではテスト対策の練習問題を解くことがメインなので自分でできる内容なのかなというのが率直な感想です。

 

今回はEAPやIELTSでどんなことを学ぶのかまとめてみました。

語学学校も残り5週間なので充実したものになるよう頑張りたいと思います!