mikipedia

2019年7月からオーストラリアTAFE留学予定。留学準備と旅の記録。

【台北旅行】台湾への行くなら便利な羽田空港からPeach航空早朝便で桃園空港へ。

f:id:chappapplex:20171117011057j:plain

 

毎年お盆休みは海外旅行に行く事が恒例行事になって早4年。

今年はどこにしようかと悩みに悩んだのですが、

転職したばかりでボーナスもないのでお手頃な台湾に行くことに。

3泊4日のゆっくりのんびり一人旅です。

  • 出来るだけ安く台湾旅行に行きたい人
  • 3万円台でいける海外旅行先を探している人
  • 深夜/早朝便に興味がある人

にオススメの記事となっています。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

Peach航空について

格安航空会社(LCC)の中でもピンクの機体が可愛いPeach航空ですが

国内線はもちろん、韓国/台湾/上海などへの国際線も運行しています。

 

特に深夜早朝便を利用することで日帰り海外旅行も可能となるので

忙しい中でも海外旅行を楽しみたい人には人気の航空会社です 。

 

今回のように一人旅をする時はツアーは利用せずにLCC便を利用します。

私にとって初めてのPeace便の利用となります。

 

LCCと同様にネットサイトから航空券の予約を行います。

 

フライトスケジュールと運賃 

f:id:chappapplex:20171117014526j:plain

 

お盆の時期の旅行で1ヶ月半前に予約をしました。

 

出発は早朝5:55ですので自家用車を持たない場合、

交通の便を考えると日付が変わる頃には羽田空港に到着する必要があります。

そして帰国日の到着時間にはすでに都内への電車は終電を過ぎているので

さらに空港で夜を越さなければならないことだけ頭に入れておいてください。

 

お土産のことも考えて帰りだけ預け荷物も予約しておいたのですが

早朝/深夜便ということを考えても安いです!

 

往路便 ¥13750

復路便 ¥14440

受諾手荷物(復路のみ)¥2800

手数料 ¥880

 

◇合計 ¥31830◇

 

 

朝9時前に台北に到着しますが飛行機でしっかり寝れば朝から行動できますし

最終日も夕方まで市内でのんびりできるので私的にはアリだと思います。

 

羽田空港での夜の過ごし方

f:id:chappapplex:20171117020757j:plain

羽田空港国際線ターミナルは24時間営業となっているため

深夜/早朝便を利用するお客さんも快適に過ごすことができます。

 

 

お盆休みなど長期休暇期間中は空港泊の方がたくさんいるので軽く争奪戦です。

江戸小町はお店がクローズしているので多くの人が静かな場所を求めて寝てるのですが

長椅子が硬いので少し寝づらいと感じました。

私のオススメは展望デッキのある5階のエレベーター付近のソファーです。

エスカレーターをご利用の際は、、、」というアナウンスが多少気になりますが

寝れないほどではありません。

 

吉野家モスバーガーなどが24時間営業をしているので

帰国して始発を待っている間にお腹が空いても安心です。

出国審査後のエリアにも多くのお店があります。

 

 

LCCはよく遅延する?

ソファーで寝過ごさないよう浅い眠りだったということもありますが

チェックインカウンターが開く頃に起きたのですが

携帯には既に出発時間の遅延の連絡がメールで来てました。

 

今回は30分程度だったのでカウンターも通常通り動いていて

 

搭乗の際の混乱もなく到着が少し遅れた程度でしたが

やはり待機している機体を持たないLCC

整備不良などあると飛ばない可能性もあるのではないかと思います。

その辺はリスクをとるかお金で安心をとるかだと思います。

 

Peace航空で行く台北旅行まとめ

初の台湾旅行でPeace航空を利用しましたが

到着初日から思い切り楽しめ、帰国日も早めの夕食をとった上で空港へ向かう

スケジュールが組めるのはとても魅力的ではないかと思いました。

少なからず今回のフライトでは何も問題なかったので

オススメできる航空会社&フライトスケジュールだと思います。