mikipedia

2019年7月からオーストラリアTAFE留学予定。留学準備と旅の記録。

【台北旅行】台湾旅行は悠遊カードでお得に便利に。使える場所たくさんあります。

f:id:chappapplex:20171120215302j:plain

 

台湾旅行に行く方全ての人にオススメしたい悠遊カードをご紹介。

使える場所たくさんあります!

  • 公共交通機関を使ってお得に移動したい人
  • 細かい小銭の計算をせずに楽に買い物したい人

にはオススメですよ!

 

 

悠遊カードとは

まず悠遊カードとは日本でいうSuicaのような交通ICカードです。

呼び方は「悠遊卡(ヨーヨーカー)」や「Easycard(イージーカード)といい、

使い方は日本の交通系ICカードと同じでピッとするだけ。

日本の方にも馴染みやすいカードだと思います。

 

悠遊カードの購入場所

購入場所は駅内のインフォメーションや券売機はもちろんコンビニでも買えます

いろんなデザインがあるようです。

 

日本からの旅行客のほとんどは桃園空港を利用すると思いますが

桃園空港MRTのインフォメーションセンターでももちろん購入できます。

 

私は妹が以前台湾旅行した際に使った悠遊カードを借りましたが

コンビニでもう1枚別に購入しています。

その際は1枚100元だったのですが黒い変なデザインでした。

そのデザインしかこのお店にはないと言われてしまったのですが、

街中のコンビニだと可愛いのが売っていると思います!

購入の際は「イージーカード」で通じました。

 

悠遊カードのチャージ金額

チャージの仕方は日本と同じで機械やコンビニでチャージできます。

私の場合3泊4日の旅行で念のため1000元チャージしたのですがかなり余りました。

 

ちなみに桃園空港から台北駅にまで片道160元

観光する際にそれぞれ移動するMRTの区間は大体20元くらいですが

悠遊カードを使うと全ての区間で2割引になるので

思った以上に減らないです。

一般的な台湾旅行の2泊3日なら400元ほどチャージしておけば足りるはずです

 

悠遊カードの払い戻し

帰国の時にチャージがたくさん残ってても大丈夫!

悠遊カードは払い戻しもできるので安心してください!

 

私は帰りの桃園空港MRTのインフォメーションセンターで払い戻しをしました。

払い戻しの際はカードは戻ってこなかったので、

また台湾旅行にに来るかもしれない人や思い出に悠遊カードを持って帰りたい人は

払い戻しではなく使い切ることをオススメします!

 

悠遊カードが使えるお店

悠遊カードは日本の交通系ICカードと同じように使えるといいましたが

コンビニやファストフード店はもちろんスーパーでも使えます。

 

最初に多めにチャージしておいてコンビニ等で使えば

旅行中に小銭を出す必要がないのでストレスフリーですし、

空港のコンビニはお土産になるお菓子も多く売っているので使い切るのも意外と簡単!

 

スターバックスやタピオカドリンクで有名な50嵐でも使えます。

HPに使えるお店の一覧があるので確認してみてください!

EASYCARD CORPORATION

 

悠遊カードの注意点

簡単に使える悠遊カードですが実はバスに乗る際だけ注意が必要です。

MRTは日本の地下鉄と同じ雰囲気だし問題ないのですが

バスに限っては路線によって乗る時にピッとするか降りる時にピッとするか

違う場合があるとのことで他の乗客の動きを見る必要がありそうです。

私は九份に行く際にバスに乗ったのですが結構難易度高めです。

 

悠遊カードの注意点

日本と同じように地下鉄MRTでの移動やお店で使える悠遊カードは旅行客の味方!

上手に使って台湾を楽しんじゃいましょう!