mikipedia

2019年7月からオーストラリアTAFE留学予定。留学準備と旅の記録。

【台北旅行】牛肉麺を食べるなら絶対に富宏牛肉麺に行かなければ損します!

f:id:chappapplex:20171126195859j:plain

 

今日は台湾旅行中に「どうにか時間見つけてもう1回食べようかな」と

私を夢中にさせた牛肉麺をご紹介します。

  • 美味しい牛肉麺が食べたい人
  • 麺類が好きな人
  • 現地の人に混じって食事してみたい人

そんな方にはオススメの 

 

富宏牛肉麺へのアクセス

富宏牛肉麺のある一帯は「牛肉麺ストリート」と呼ばれるほど

牛肉麺のお店が密集しており価格競争からどのお店も安く提供しているようで

MRTの北門駅と西門駅のちょうど真ん中あたりに位置しています。

 

西門町から歩いて北門駅に行きましたが感覚的には北門駅の方が近く感じました。

f:id:chappapplex:20171202003712j:plain

 西門町から行く場合は2回角を曲がればお店の前に着きます。

 

富宏牛肉麺と建宏牛肉麺の違い

実はこの富宏牛肉麺の近くには「建宏牛肉麺」というお店があり

元々は兄弟一緒にお店を経営していたにも関わらず

喧嘩がきっかけで独立し別の名前で営業することにしたという面白い背景のお店です。

 

そもそもは同じお店だったので味や量も同じなようですが

お店の前を通った感じは富宏牛肉麺はローカル感が強く

建宏牛肉麺はきれいな店構えという印象を受けました。

 

f:id:chappapplex:20171126201001j:plain

富宏牛肉麺

台北市萬華区洛陽街69號

◇24時間営業

 

お店での注文の仕方 

f:id:chappapplex:20171126201519j:plain

お店での注文の仕方がわからずとりあえず出前の用のメニューが書いてある場所で

指をさして注文してみましたが、おばちゃんはにっこり。

店内を指差すとにこやかに「座ってー」とジェスチャーしてくれました。

 

観光客も多い様子で慣れている様子で対応してくれたのでとても安心します。

 

f:id:chappapplex:20171126201547j:plain

 

中に入るともちろんですが店内にもメニューがありました。

 

ここのお店の麺は2種類あって細麺はちゃんぽんくらいの太さで太麺は刀削麺です。

私はどうしても太麺が食べたかったんですが中国語話せないし

「もう運だな、これ。」と思っているとおばちゃんがやってきて

「£○▲#?△//♪◇●?」と聞いてくるのです。

これはまさしく細麺か太麺か聞いているに違いない!しかしわからない!

ということで指で幅広を表し「ビック!」と言ってみました。

 

オススメの「牛肉麺 (太麺)」

f:id:chappapplex:20171126195859j:plain

牛肉麺(小) 90元

 

待つこと数分で食べたかった太麺の牛肉麺が出てきました!

麺はモチモチで食べ応えがあり、肉はほろほろと崩れるほどよく煮込んであります。

臭みも脂っこさもなくスープは日本人好みのあっさり味で温まります。

 

f:id:chappapplex:20171126202824j:plain

 

机の上にはこのように薬味がたくさんあります。

このオレンジに見えるのは牛油と言ってめちゃめちゃ辛いやつなので

入れすぎには注意してお好みで味変しながら食べてみてください。

ニンニクが丸ごとあったりして「どんな風にして食べるんだ?」と思いながら

地元民に混ざって自分好みの味にアレンジしながらいただきました。

 

富宏牛肉麺まとめ

このお店は24時間営業で八角が入っていないことから

観光客にも人気なようですが昼時を過ぎた3時くらいだったので地元の方のみでした。

お店のおばちゃんは日本語どころか英語も話してくれませんが

とっても優しくてなぜか通じ合えるという不思議な体験もできちゃいます。

台湾旅行中に麺類を食べたくなったら迷わずこのお店に行ってみてください!