mikipedia

2019年7月からオーストラリアTAFE留学中。留学生活の記録と生活情報発信中!

留学準備#1 -留学時期と学校の決め方-

f:id:chappapplex:20190218125624p:image

 

みなさん、こんにちは。

このブログを読んでいる方には留学やワーホリを検討中の方も多いと思いますが、海外生活をしてみたいと思ってもなかなかタイミングがなくズルズルと今の生活を続けてしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで社会人留学・ワーホリを検討中の皆さんへ私が留学時期と通う学校を決めた時のお話をしていきます。

まずは留学の目的と留学先を自分の中で決める

私自身、”留学を決めた理由”

にも書いていた通り、デザインを学びたいというところから留学する国・学校探しをしていきました。それぞれ学びたいことや留学の目的は違うと思いますが理由なんて「なんとなく海外で生活してみたい!」でもなんでもOKだと私は思っています。その国でどんな生活するかはその人次第なので挑戦に無理に理由付けする必要はないと考えます。

私の場合はデザインを学びたいという理由があったのでアメリカやヨーロッパが人気の中、

  • 半年〜1年でデザインの一通りを学べる
  • ワーホリor学生ビザで通える
  • 低予算で通えるorアルバイトができる

というところからオーストラリアの専門学校にあたるTAFEという学校のグラフィックデザインコースを見つけました。

20歳の時にオーストラリアにワーホリで滞在してしたのでTAFEという学校はもちろん、オージーの生活スタイルも知っていたので留学都市は長く住んでいたパースに決めました。

社会人留学の場合、語学+αの学びを求める方が多いと思いますがTAFEだと同じ分野の中でも様々なコースが展開されていますしオーストラリアは学生ビザでもアルバイトが認められているので他の国に比べると総留学費用が安くなる可能性があります。また、アルバイトの時給が高いのでワーホリにも人気の国の一つなので多くの日本人と情報共有ができることは私にとってとっても魅了的でした。

留学エージェントに相談してみる

日本には様々な留学エージェントがあり、ネット上にも学校の情報やビザ申請の方法まで細かく調べることができますよね。ワーホリの場合は時に「エージェントを使うのはもったいない!自分で全てできる!」なんて情報も多くあるのをみたことがあります。

そんな時オススメするのが「(現地の)無料エージェント」を利用することです。私はいつもその土地に特化している留学エージェントを利用しています。

無料エージェントを利用すると大体が『学校申し込み』をエージェントを通して行うことになりますがめんどくさい手続きを全てやってくれて我々利用者から追加料金を取るわけではない(多分利益は語学学校からのマージン)のに加え手続き上のミスもほぼ皆無。さらに日本からの荷物を一時的に預かってもらえたり銀行口座開設や在留届提出のサポート、友達作りができたりと得はあっても損はないと思っています。

もちろん相談だけでも大丈夫なので土地勘や留学経験がない場合は不安なことを質問することで自分の留学プランがクリアになると思います。私も同時に2箇所に相談メールを送り自分にあった説明をしてくださったエージェントを利用することにしました。

ちなみに今回の留学の準備はワーホリの際に利用したエージェントととは違う所を通していてどちらも無料でサポートしていただいた上にとても親切で遠方でもメールや電話、ビデオ通話でも相談に乗ってくださるのでオススメでもし気になる方が右のお問い合わせフォーム(Contact Me)から質問どうぞ!

 

入学コースと時期の決定する

次にエージェントの方と話しながらコースと入学時期を決めていきました。ワーホリや短期留学の場合は自分のタイミングで留学時期を決めれると思いますが大学やTAFEに行く場合は入学時期が決まっています。一般的には高校・大学卒業後の3~4月と夏休みの7~8月は語学学校に多くの日本人が通う傾向があるのでタイミングをずらすだけで学校の雰囲気が変わってくるかと思います。

そして大学やTAFEに通う場合英語力の問題も出てます。私の通う予定のTAFE本科コースはIELTSのスコアの取得もしくは指定の英語コースの卒業することでダイレクトエントリーが可能です。私自身、IELTSを受験してスコア取得を考えていたのですが英語コースに通うメリットとしてプレゼンテーションやエッセイの書き方を学べることで本科コースに進学した際に楽だというお話を聞いて英語コースに通うことに。

提携している私立の語学学校もしくはTAFEの付属学校に通う事になるのですが本科コースの入学は2月と決まっているのでテストを受けて大体の通学期間の目安を出して入国時期を遡る形で決めます。

語学学校当初は私立の語学学校に通う予定だったのでその学校のテスト(Placement Test)を自宅で受けて結果は16〜20週の英語コース通学が必要ということでエージェントの方がスケジュールを組んでくださり7月の渡航が決まりました。

実際はTAFEの付属学校に通うことにしたのですが結果をエージェントの方が連絡してくださり同じ条件での入学を決めました。正直10週くらいで本科コースに行けるかなと思ったのですが現実は厳しいですね、、、エッセイの書き方など長い文を書くという経験がなかったしプレゼンテーションの経験もなく英語を学ぶから英語で学ぶという力を身につける事は必要不可欠だと思うので20週間しっかりと学んで本科コースに備えたいと思います。

 

次は、この英語コースについてもう少し詳しく紹介していきます!