mikipedia

2019年7月からオーストラリアTAFE留学中。留学生活の記録と生活情報発信中!

留学準備#5 渡豪日を決めて航空券の購入したよ!航空券の探し方。

f:id:chappapplex:20190418235507p:image

みなさん、こんにちは。

学生ビザを無事に取得して留学前の今一番楽しい時期のMikiです。 

先日ついに渡豪日を決めて航空券を買いました!

 

留学・ワーホリに限らず海外旅行においても航空券を選ぶ際には、

-直行便 or 乗り換え便

-出発時間と到着時間

-航空会社

などなどいろんな選択肢があり、それによって値段も大きく変わってきます。

今後日本からの直行便が出る(2019年9月からANA直行便が出ます)パースはどんどん人気の都市になりそうですよね!

今回は留学・ワーホリにフォーカスし航空券の探し方、オススメの航空券をご紹介します!

留学・ワーホリのための航空券の探し方

Tip1.片道航空券を購入する!

飛行機のチケットって必ずしも往復で購入しなければいけない訳ではないって知ってましたか?海外旅行はもちろん、短期留学の場合は往復航空券が必要になる場合もありますが、ワーホリや長期の留学の場合片道航空券でOK!

航空券の種類としてオープンチケットと言われる1年間有効な往復航空券がありますが1年以上の留学期間を予定している場合期間が足りないのと、自分の経験として前回のワーホリの際もパースinブリスベンoutでニュージーランドや他の国に寄って帰国したので留学やワーホリの場合は片道航空券がオススメです!

Tip2.LCCが1番安い訳ではない!いろんな航空会社を比べる!

旅好きの方だけではなく日本でもほとんどの方が知っている格安航空会社”LCC”を利用すると安く海外に行けるのは周知の事実ですよね。私もアジア圏に毎年LCCを使って旅行しているので大変お世話になっています。

オーストラリアに行く場合、ジェットスターやエアアジアなどの"LCC"を利用する事ができますが実は荷物がプラスになる事や乗り換え時間、座席の狭さを考えると無条件で良い!安い!とは言い切れないのです。

ご存知のとおりLCCの場合こぶし1個分とも言われるほど前の座席と近いこともありますし、乗り換えの際に空港内を歩き回ったりかなりの負担がかかります。

オーストラリアのフラッグキャリアの「カンタス航空」の場合、夜に出発し寝ている間にオーストラリアに到着する理想のフライトが実現できますし、機内食や機内エンターテイメントも充実しているので充実度を数万円の差で買えるのならLCCではなくフルサービスキャリアを選ぶことをオススメします!

Tip3.しっかりと寝れる便を選ぶことで初日から動ける!

f:id:chappapplex:20190419003005j:image

留学やワーホリでオーストラリアについた到着はどんな1日になるか想像できますか?空港からホームステイ先までの送迎を依頼している人もいれば、公共交通機関で自分で滞在先まで移動する人もいるかと思います。そしてホストファミリーと挨拶をしてハウスルールを英語で説明された上いきなりみんなで食事を囲んだり、すぐにシティに出てsimカードの購入やスーパーなどに行く方もいると思います。

そんな時に1番大事になってくるのが英語力ではなく元気とアクティブに動ける体力です!

例えばマレーシア航空のクアラルンプール経由でパースに行った場合、7時間程度で乗り換えのため早朝に起きなければいけないので地味に辛いですよね。

これをカンタス航空のメルボルン経由にしただけで10時間半もあるのでゆっくり眠ることがきトランジットの時間も短いのでパースに到着後にすぐに行動する元気が残っているのです。

元気が残ってるって本当に大事なこと!オーストラリアに行く際は日本を夜出発し朝到着する便をオススメします!

Tip4.フライト予約にはお得な時期・曜日がある!

一般的に海外への航空券を買うなら20週間前に取ると最も安いと言われてるそうなんですが、4〜5ヶ月先の予定を決めるってなかなかできないですよね。その場合は水曜日を狙って航空券を予約するといいそうです。

f:id:chappapplex:20190419010801j:image

スカイスキャナーを使って航空券を探すとプライスアラートを設定でき、メールで価格の変動があると教えてくれるのですがやはり水曜日には価格がグッと下がってるのがわかります。ちなみにこの値段の最安値はLCCの乗り換え2回のフライトでした。

 

留学生のリアルに購入した航空券は? 

結局、私の予約した航空券はカンタス航空メルボルン経由パース行きで価格は¥55510でした。

やっぱり最安値のLCCに比べると倍以上かかりますがそれよりも利点の多いフライトを選ぶことで初日の行動範囲が格段に広がると思うと留学・ワーホリにはオススメできるフライトです!

そして、航空券を買ったことでより実感も増して職場のみんなへの報告も始めています。

英語の勉強も頑張らねば!

 

では、また !