mikipedia

2019年7月からオーストラリアTAFE留学中。留学生活の記録と生活情報発信中!

【留学準備】英語でAirbnbの予約をしてみた!アプリで簡単予約の仕方。

f:id:chappapplex:20190602230721p:image

みなさん、こんにちは。Mikiです。 

早速ですが、Airbnb(エアビーアンドビー)という言葉を聞いたことありますか?

Airbnbとは「空いている家や部屋を貸したい人」と「部屋を借りたい人」をつなげるサイトで、世界中で流行中の民泊の予約が簡単にできちゃいます!

ホテルやバックパッカー宿に泊まるのではなく「住むように旅を楽しみたい」と考えている方にはぴったりの民泊。海外だけではなく日本でも多くの方が部屋を貸し出していてCMでも古民家や海の見える高台のお家が出てきますよね。

留学を控え、シェアハウスが見つかるまでのしばらくの間の滞在先とするため初めてAirbnbを使い海外のお部屋を予約してみたので手順をご紹介していきます! 

1、まずはアプリをダウンロード。

f:id:chappapplex:20190528214537j:plain

アプリをダウンロードしたら、SNSのアカウント/メールアドレスで登録を進めていきます。プロフィール情報を入力する際にスキップして最低限の情報で検索へ進むこともできますが、実際に予約をする際ホスト側から拒否されることもあるそうなので写真や簡単な自己紹介は入力しておいたほうがいいそうです(ネットで見つけた経験者談)。

 

2、検索をして泊まりたいお家/部屋を探す。

まずはトップページから地域を選択をして部屋を検索していきます。

チェックイン/アウトの日付だけではなく、フィルターをかけることで価格帯や部屋タイプを選べるので複数人で泊まる際も自分の希望のお家/部屋が探せるようになっています。

-キッチンや洗濯機,Wi-Fiの有無

-シャンプーなどのアメニティーや駐車場、ジムなどの施設の有無

-喫煙やペットに関するハウスルールの有無

などなど条件をあらかじめ絞った中から選べるのはいいですよね!

 

例えば私なら【パース CBD】で検索。

ちなみに、CBDとはCentral Business Districtの略でシティとも呼ばれるその都市の中心部の事です。オーストラリア独特の言い方かな?

 

お部屋の写真はもちろんですが細かなハウスルールも確認することができ、さらに過去にその部屋に泊まった方からのレビューも見ることができるので安心。そして「スーパーホスト」と呼ばれるある一定の条件(宿泊実績やレビュー率)を満たしたお部屋を貸すプロだけを検索することもできます。

このレビューは結構細かく読むと面白くて「ホストと家で全然顔を合わせなかった」「部屋に無料のシティガイドをたくさん用意してくれてた」「近くにパン屋があって便利だった」とか書いてあるのでイメージがつきやすいと思います。私も隅々まで読みました!

 

3、予約をする前に英語で挨拶をする。

f:id:chappapplex:20190602144826j:image

空室状況から予約へ進む際に日程を選ぶと最低宿泊日数が設けてある場合もあります。ホストにとってもビジネスなのでしょうがないと思いますが私がいいと思った物件は最低宿泊が13日と結構長めで条件に合わなかったのですが一応メッセージを送ってみました。

f:id:chappapplex:20190602224718j:image

すると最低宿泊日数の解除をしてくれた上で事前承認をしてくれました。

この「事前承認」とはあらかじめメッセージで伝えた日程でホスト側はOKですよという意思表示のようなもので支払いを完了すればすぐに予約が確定となります。

 

4、希望の宿泊日を選択し予約、支払いを完了させる。

あとはチェックイン/アウトの日程を間違えないように予約を確定し支払いをします。この時の支払いは基本的にはクレジットカードでの支払いになるようです。

 

補足:予約の承認を待つ

今回は最初にメッセージを送ったことで事前承認をもらえ支払いと同時に予約が確定しましたがこの事前承認がなければ支払い後は「予約リクエスト」状態となりホスト側からの承認が取れ次第予約が確定、却下となればその部屋に泊まることはできません。中には「今すぐ予約」を設定しているホストもいるのでそちらで予約をすると承認を待つことなく確実に予約を取ることができるそうです。

事前にメッセージを送りコミュニケーションを取ることは宿泊の承認を得るためにも必要なようです。

 

Airbnb予約のまとめ

今回はアプリを通して予約・支払いを行いましたが使い方はとても簡単で、レビューを読んだりメッセージのやり取りをしながらハウスルールを聞くことで民泊ならではの不安な部分をある程度解消することができると感じました。

泊まるまでまだ少し時間があるので、もう少し近づいてきたらチェックインの仕方(鍵の受け取り方法)や最寄りのバス停に止まるバスの番号などを聞きたいと思っているので実際に泊まったらまたレポートしてみたいと思います!

 

ぜひみなさんも民泊を楽しんでくださいね!