mikipedia

2019年7月からオーストラリアTAFE留学中。留学生活の記録と生活情報発信中!

【オーストラリア】留学生の携帯事情。スーパーで購入できる1番安いSIMとアクティベートについて

f:id:chappapplex:20190705100622p:image

皆さんこんにちは、Mikiです。

今回のブログから”オーストラリア留学編”ということで実際に現地からの情報をたくさんシェアできればと思っています!まずは留学・ワーホリなど長期滞在には欠かせないスマホのSIMカードについてシェアしたいと思います。

オーストラリアの携帯事情。

オーストラリアでは長期滞在であっても日本のように携帯会社で契約をするのではなく、SIMカードを購入し自分の利用状況に合わせた容量のプランを契約する「プリペイド」が主流となっています。

日本からSIMロック解除をしたiphone/スマホを持ち込めばそのまま使えるため費用の節約にもなりますよね。

プリペイドはその名の通り事前に料金を払った上で使えるようになるためプランの期間が終ればリチャージをして使えるように維持するかあるいは他の携帯会社のプランに変更をする(その際は番号も変わる)ということができちゃいます。

1.SIMカードの購入

f:id:chappapplex:20190705095341j:image

まずはSIMカードを手に入れます。空港や街中のスーパーなどどこでも売っているため比較的簡単に購入ができますが、まずはその日の売り場で1番お得なSIMの購入をオススメします!

理由として、本当に安い携帯会社のSIM(例えばcatch connect)はネットで申し込み郵送で5日かかると言われているため住居が決まっていることが大前提で、その住居を探すにも電話番号や常にネットが繋がる環境が欲しいというのが挙げられます。短期間のもので7日や10日間のものがあるのでまずはじめにそちらを購入し格安携帯会社のSIM発送を待つという方法が良いと思います。

ちなみに今回私はセールですごく安くなっていたのでOputasの28日間で45G使えるSIMを$15で購入(元値$40)しました。

2.SIMカードのアクティベート

f:id:chappapplex:20190705095354j:image

SIMカードを購入しスマホに差し込んだからといってすぐに使えるようになるわけではなく、有効化をしなければいけません。それを「アクティベート」と言います。その際はネット環境が必要になるので場所を選んでアクティベートをしましょう

パースで購入する場合は、空港もしくはシティのEnex100の中にあるwoolworthsで購入してそのまま上のフードコートでゆっくり座ってアクティベートするのがオススメです。

Oputasのサイトの中の"ACTIVATE SIM"から"NEW SIM"を選択して購入したSIMカードのセットの中に書いてあるSIM番号を入力の上、個人情報を入れていきます。

もし最初に$2のSIMカードのみを購入した場合はここでプランの設定と支払い(チャージ)が必要なようですが、すでに"28days,40G"を購入していることになっているため選択するだけでOKでした。

携帯番号も下4桁が違う約10種類の中から選べました。

3.アクティベート完了

アクティベートが完了すると登録したアドレスに確認メールと、SMSでアプリもある旨が送られてくるのでこれで完了です。Free Wi-fiを切り、Oputas回線で通信ができるか試してみるといいと思います。 

オーストラリアの携帯事情まとめ。

今回の留学ではシェアハウスを探すため最初の1週間はAirbnbに滞在しているのでそのお家に向かう際にGoogleMapを使いたくてシティでSIMカードを購入しましたが、バスの運行など事前に調べているものと急に変わっていたりするので携帯が通じるってすごく大事だなと思いました。

今後長期で滞在するので安いと話題の”Catch Connect”でSIMを新たに買う予定ですが番号を引き続き使う(ナンバーポータビリティ制度)にはお金がかかるみたいなので今のOputasの番号は28日間のみ使用してシェハウスを探したり銀行口座の開設をしたりする際に使い、"Catch Connect"の新しい番号になったら変更が必要なところだけ変更していこうと考えています。

 

▷2019.7追記 Catch ConnectでSIMカードを購入しました。

  

最後まで読んでいただきありがとうございました。