mikipedia

2019年7月からオーストラリアTAFE留学中。留学生活の記録と生活情報発信中!

【TAFE留学】ELICOSでの初日の授業と今後の課題について。

f:id:chappapplex:20190717213745p:image

みなさん、こんにちは。Mikiです。

今日はオリエンテーションの次の日から始まる通常授業の内容と流れ、1日を終えてみての感想とや今後の課題について紹介していきます。

ELICOSでの1日のタイムスケジュールについて

ELICOSではAcademicコースとIELTSコースで受ける授業内容は違いますが同じタイムテーブルで下記のような時間で1日が進んでいきます。

Lesson1 8:30-10:30

BK 10:30-11:00

Lesson2 11:00-13:00

Lunch 13:00-13:40

Self-Access 13:40-14:40

2時間のレッスンが2コマありますがいろんな内容をやるので長すぎてみんなの集中力が切れるということはなく進んでいきます。お水を飲もうがトイレに立とうが自由ですので落ち着いてレッスンに臨んで大丈夫です。

f:id:chappapplex:20190717210830j:plain

そしてランチ休憩の後にあるSelf-Accessですが水曜日を除き毎日何かしらの授業が開催されておりその名の通り自由参加です。講師たちは「これも学費の中に入っている一部だから力をつけるために来なさい」と言ってしましたが初日から所用で行けませんでしたので感想は後日...

テキストの配布とアクティビティ

f:id:chappapplex:20190717210935j:plain

まずは今日から使うテキストの配布があり、自己紹介のアクティビティをしました。定番中の定番であるみんなで質問をしあってその中の質問に当てはまる人の名前を書いて空欄を埋めていくというゲームです。

今まで幾度となくやってきたし、前の職場の英会話スクールでも何度もイベントで生徒さんにやってもらっていたゲームですが英語力が高いメンバーとやると会話の内容も質も高く、初めて面白さを感じました。

ちなみにELICOSの入学時期は5週間ごとになっていてその都度クラス替えがあるので元々通っていた生徒も今日はドキドキしながら教室に入ってきていました。日本人の女の子がクラスにいたのですがやっぱりグループができている中に入るのは難しいですね...

今後の授業と課題の説明

授業の前に今後の流れと課題の説明がありました。今私がいるEAP4というコースは10週間で終了するコースですがもちろん課題とテストをパスしなければ修了することができません。大きなテストは5週目と最後の10週目にあるMid-Term/Final-Term Examsですが来週の月曜日にはエッセーの課題があり評価の5%の占める課題です。それとは別にプレゼンテーションの課題(これは成績に入らないらしい...)があるので授業の中で必要なスキルをみんなで学びながらそれぞれの課題に備えるという形になります。

初日の授業内容

f:id:chappapplex:20190717212359j:plain

基本的には課題ベースで授業が進んでいくためエッセーを書くためのスキルを学んでいきました。来週の月曜日のエッセーの課題は「Cause and effect」なのでoverweightやPovertyなどを例に原因とそれに伴う影響/結果をグループごとに話し合ったり例文を使ってマッチングをさせてみたりという、エッセーを書く上で与えられた題材に対する適切な要素の集め方を学びました。そして次の日はそれを文にした時にどのような文章にまとめていくか様々な文の構造などwritingのためのスキルを学んでいきます。

あくまでも話すベースで授業が進んでいくのですが様々なアクティビティーを取り入れ板書との割合が程よいので飽きることはなく学びが多い授業でした。

クラスの人数と国籍の割合

私のクラスは15人で圧倒的に女子が多いです。そしてヨーロッパ出身が1人、南米出身が1人でそれ以外はみんなアジア人です。ベトナム人が1番多いです。

半分近くがレベルアップして今のクラスにいる子なので授業の流れにとても慣れている様子で積極的に発言をしてくれて自然にクラス全体が発言できる雰囲気になっています。

みんなの英語力

クラスには他の学校のAcademicコースに通っていたのを転校してきたり、Generalコースから飛び級で上がってきた子がいるくらいなので英語力はみんな高いです。ただみんなが同じレベルというわけではなく得意な分野と苦手な分野がそれぞれあるという印象で、例えば喋れるし単語も知ってて読む力があっても文法問題の並び替えが苦手という人もいるので「自分だけが喋れない、ついていけてない!」という感覚はありません。

毎日の宿題について

Student Bookには毎日2~3時間の宿題と書いてあったのでどれくらい宿題が出るのかと心配していましたが、初日の宿題は次の授業に向けての単語のワークシートを終わらせるのと来週のプレゼンテーション課題のトピックを考えてくることでした。

ただ予習復習をしっかりやろうと思うと、新しく知った単語が授業中にたくさん出てくるのでそれをまとめて習ったところを読み返してあっという間に時間が過ぎます。個人的にはしばらくはSelf-Accessには参加せず個人での復習を進めていくほうが自分にはあっている気がしています。

ELICOS初日のまとめ

授業初日はドキドキしましたが、大学やTAFE本科コースへの進学を目的としていてモチベーションの高い生徒が多く授業内容もコースの名称通りアカデミックな内容を学べているのですごく新鮮で楽しい授業でした。

これから授業に慣れてもっと自ら積極に発言できるよう頑張っていきたいと思います!